みかん肌 男性の対策は女性と違うの?

お肌の悩みは女性だけのものではありません。特に、みかん肌については、男性でも悩んでいる人が多いものの、多くの情報は女性ターゲットである場合が多く、自分たち男性も同じでいいのかな?と心配に思っているかもしれません。今回は男性向けにみかん肌対策をご紹介します。

 

対策の基本は女性と同じ

男性と女性は、確かに、ホルモンの種類や肌の状態、ひげがあるかないかなど、違う点がたくさんあります。しかし、みかん肌の基本的な対策については同じです。

 

毛穴の開きが原因の場合は、洗顔石けんを使って毛穴の汚れをしっかり取ることですね。たっぷりの泡で洗顔することがポイントです。ニキビ跡が原因であれば、肌の新陳代謝を促すこと。新陳代謝を促すにも、まずは、洗顔で古い角質を取り去り、化粧水で肌の外側からたっぷりの水分を与えること、そして必要な皮脂は残すのがポイントになってきます。

 

毛穴の開きが原因のみかん肌対策
ニキビ跡が原因のみかん肌対策

 

毛穴対策と新陳代謝の促進。この二つの大きなポイントは、女性と何ら変わりません。しかし、男性の場合は、女性と違って、長期間、スキンケアそのものを意識してきていない人が多いですから、みかん肌の状態も、女性に比べると重症化している人が多いです。男性の方が、みかん肌の人が多いように思うのは、重症な人が多いからと言えるでしょう。半年ぐらいの長期戦を覚悟して対策に臨んでみましょう

 

「基本は同じ」を押さえた上で、男性には、少し気を付けてもらいたいポイントを次に紹介していきます。

 

女性よりも皮脂量が多い

女性よりも皮脂が多い

男性の肌は、女性に比べると、一般的には、皮脂の分泌量が多いのが特徴です。自分の肌の表面が、奥さんや彼女に比べると脂っぽくきめが粗いと感じませんか?男性ホルモンは、皮脂分泌を活発にする働きがあるのです。

 

女性は、20代をピークに年齢を重ねるごとに皮脂分泌が少なくなるのですが、男性は年齢を重ねても、皮脂量は横ばい。

 

女性にとっては、少しうらやましいほどですが、実は、皮脂の分泌が多いと、毛穴も大きく開いてしまいますし、その結果、汚れもつまりやすくなります。それがニキビや吹き出物の原因になりますので、みかん肌になりやすい素質が、そもそも男性の自分にはあるということを理解しましょう。

 

洗顔は、泡のきめ細かな洗顔石けんを使って、毛穴の奥までしっかりと汚れを取ることを心がけます。皮脂分泌量は多いですから、女性のように、必要な皮脂まで取ってしまうのではと、極端に心配することはしなくていいでしょう。

 

髭剃りは肌に負担をかける

髭剃りは肌に負担をかける

男性は毎日、髭を剃りますね。髭剃りをした後の肌の状態が、ヒリヒリしたり、赤くなったり、白く乾燥した経験がきっと誰にでもあると思います。髭剃りは、ひげを剃るだけではなく、肌表面の角質までもそぎ落としているからなのです。場合によっては表面に傷がついている事も。

 

肌が傷ついていると、雑菌も繁殖しやすいですし、乾燥もしやすくなります。おまけに、そもそも男性の肌は、皮脂は多いのに、水分量は女性の肌よりも30〜40%も少ないやっかいな肌です。肌の皮脂量と水分量のバランスの悪さは、新陳代謝の大敵です。みかん肌が治りにくい素地が男性にはあります。

 

シェービングフォームを使って、肌に負担をかけないことは基本ですし、化粧水などで水分をきちんと補いましょう。外だけでなく、経口摂取で体内からも水分取り入れることを忘れずに。

 

日焼け止めを塗っておらず、紫外線のダメージが蓄積している

ファンデーションや下地、おしろいなど、女性のメイクアップ商品には、日焼け止めクリームではないのに、日焼け止め対策がほどこされているものがとても多いです。女性は、こうした商品を使って自然と、日ごろから紫外線対策をきちんと行っているのに、男性は、海や山のレジャーで日焼け止めクリームをつける程度の人がとても多いのが現状です。

 

しかし、紫外線が肌にとって悪影響を及ぼすものであることは知っていますよね。紫外線の影響により、肌のバリア機能が奪われてしまい、こちらも新陳代謝がうまくいかなくなります。男性でも、きちんと日焼け止めクリームを塗りましょう。

 

まとめ

男性でも女性と同じく、みかん肌対策の基本は同じです。まずは基本の洗顔を見直すことから始めましょう。

 

毛穴の開きが原因のみかん肌対策
ニキビ跡が原因のみかん肌対策

 

ただ上で紹介しているのは女性向けの洗顔石鹸。どうしても女性向けのものを購入するのは抵抗がある、という場合はこちらの石鹸がオススメです。

 

↓男性向け本格派美容石鹸↓

 

 

ページ概要

男性の場合もみかん肌を改善する方法は基本的に同じです。ただし男性の場合スキンケアに対する意識が低く、みかん肌の状態もかなり悪化している場合が多いです。
基本的には毛穴の開きが原因の場合はいい洗顔石鹸を使い、日々のスキンケアでじっくり直していくこと。特にターンオーバーを意識するのが大切です。
またかなり皮膚が硬くなってしまっている事も考えられるので、長期目線で対応していくのが大事です。場合によってはピーリングで古い角質を落とす事も効果的になってきます。ただしすぐになんとかしようと色々試して肌に負担をかけるとより改善が難しくなってしまいますので注意しましょう。
ニキビが原因の場合はニキビ跡の対策ができる化粧品(クリーム、化粧水等)を使いながら、日々の洗顔でしっかりお肌を再生していくことが重要です。
慌てずにじっくり対処していけば、お肌の悩みは解決できますよ。くれぐれもお肌の負担になるような無理な洗顔、コロコロと変えながら色んな商品を試すのは止めましょう。みかん肌は普段の生活、日頃のスキンケアを意識すれば治すことができるのですから。