ニキビが原因のみかん肌対策

ニキビが出ている場合、ニキビ跡を治すよりも先にニキビを治す方が先決です。ニキビ跡が残っている場合とニキビが今出ている場合の対処方法は別。欲張って同時に治そうとすると逆に悪化する場合もあります。まずはニキビ肌を改善していきましょう。

 

基本は洗顔石鹸から!炎症を抑えるのが第一

ニキビは炎症を抑えて治す!

ニキビ肌の場合も基本は洗顔から。ニキビの原因は毛穴の奥に皮脂や汚れが溜まっていることから起こります。これだけなら毛穴の開きとそれほど変わらないので、毛穴の汚れをスッキリ落としてしまえば改善されます。

 

ですが、赤いニキビが出来ている場合、肌が炎症を起こしてしまっているので、普段使っている洗顔石鹸によっては逆に悪化してしまう可能性も。肌は弱酸性なのでアルカリ性の石鹸は刺激になってしまうし、洗顔フォームだとバリア機能を保つのに必要な皮脂まで落としすぎてしまいます。普段の肌荒れば問題ないのですが、肌が炎症している場合、まずは炎症を抑えるのが第一になってきます。

 

なので純石鹸と言われるアルカリ性のものや市販の洗顔フォームではなく、ニキビ専用の洗顔石鹸で炎症を抑えましょう。

 

ニキビ肌を解消するおすすめ洗顔石鹸

ニキビ肌の解消にオススメの洗顔石鹸はノンエー

 

↓本気でニキビを治したい人向け洗顔石鹸↓

ニキビケア

 

ニキビの炎症を抑える!有効成分配合

ノンエーには有効成分としてグリチルリチン酸二カリウムという成分が含まれています。これが抗炎症作用を持っていて、ニキビに有効とされているんですね。皮膚のヒリヒリを抑える効果があるので敏感肌向けの石鹸にも使われていたりします。

グリチルリチン酸二カリウムなんて聞いた事がないかもしれませんが、漢方でも良く使われる甘草に含まれる成分。

 

たっぷりに泡で洗うから肌を痛めにくい!

洗顔は肌でゴシゴシ擦るのではなく、泡で優しく洗うのが基本。ノンエーももこもこのたっぷり泡で洗う石鹸なので、肌に負担がかかりません。

 

どんな感じなのか?はテレビでも取り上げられていたのでこちらをどうぞ♪

 

実際に使ってみるとスッとした香りがします。(有効成分の香り?)泡立ちもいいのでニキビ肌でもゴシゴシ擦ることなくふんわり洗顔できます。

 

また初回限定で

  • 泡立てネット(キメ細かい泡が簡単に作れる!)
  • ローション(コラーゲン、甘草エキス、ビタミンC誘導体配合)
  • 保湿ジェル(抗炎症成分配合のニキビ予防ジェル)

これらが付いてくるのもお得なポイントですね。
ニキビ専用洗顔石鹸でニキビのないつるんとしたお肌を目指してみませんか?

 

↓ニキビ専用洗顔石鹸↓

ニキビ洗顔石鹸

体の内側からもケアして早くニキビを治したい!ならこちらがオススメ。
TURURI;BB

 

ページ概要

ベースの石鹸はノンエーがおすすめ。他に週2.3回使うのであればピーリング石鹸。おすすめはドクターサニー・スキンケアライン AHAクリアソープ(アフィB)サンソリット スキンピールバー ティートゥリー(A8)泡の果実 ピーリング石鹸ハイドロキノール(A8)等。
基本的には正しい洗顔方法でいい洗顔石鹸を使いながら、お肌が本来持っているバリア機能、再生力を戻していくこと。それが最も大事。特にノンエーであれば優しく洗顔した後は保湿も要らないぐらい。(もちろん保湿したほうがいいが、その時も優しく手のひらを使ってなじませるように。ゴシゴシ擦ったり、パタパタ叩いたりしない、塗り込もうとしない)
対策はそれだけで十分。じっくり長期的に様子を見ていくことが大事ですよ。それ以外に対策するのであればピーリングを週に1回〜3回程度行うとより良い。ピーリング石鹸であればドクターサニー、サンソリット、泡の果実、ハイドロキノール等がある。こちらは毎日使うのではなく、週に数回に留めておくことがポイント。早く治したいからといって毎日使ってしまうとピーリングは逆効果。肌に負担をかけやすく、必要な角質や皮脂まで取り除いてしまいニキ跡が悪化しやすい。じっくり様子を見ていきましょう。それが改善のポイントです。