ニキビ跡が原因のみかん肌対策

ニキビ跡が原因の場合、実は洗顔だけで何とか解決する!というのは難しかったりします。というのも、肌の表面部分が荒れているだけなら日々の洗顔で肌の調子を整えていけば改善されます。

毛穴の開きが気になる場合はこちらの洗顔石鹸がオススメです。
参考:毛穴の開きが原因のみかん肌対策

 

ですが、ダメージが真皮に届いている場合洗顔だけでは解決しないんですね。というのも、洗顔はあくまで表面の汚れを落とすのが目的だからです。

 

ニキビ跡が中々治らない場合、まずは肌を柔らかくして美容成分が届きやすいようにするのが重要です。肌を触ってみてください。ゴワゴワ硬くなっていませんか?

 

この状態だといくら洗顔をして肌表面を綺麗にしても、そもそもターンオーバーが上手く機能していないから治っていかないし、美容成分も届きにくくなっています。(だから高い化粧水を使っても効果が出にくいし、保湿しても治っていかない)

 

じゃあどうすれば肌質が柔らかくなるのか?ですが・・・とりあえずコレ使っておけば効果見込めますよ!というものがあります。それが Reproskin(リプロスキン)

 

↓ニキビ跡のケアにオススメの導入型柔軟化粧水↓

リプロスキン

 

リプロスキンがニキビ跡に効く理由

導入型柔軟化粧水(化粧水を浸透させるためのもの)

『お肌は弱酸性』というのは聞いた事があると思います。弱酸性だからこそ肌のバリア機能が保たれているわけですが、実はこのバリア機能のおかげ(?)で普段の化粧水も肌の奥までは浸透していなかったりします

 

化粧水を肌にのせた時にペチャペチャするとしたら、それは肌の表面に文字通り『乗せた』だけで浸透はしていないんですね。(肌に浸透しているとスッと馴染みます)

 

そこで最近話題になっているのが導入型柔軟化粧水と呼ばれるもの。これは要するに化粧水を浸透させるために使う化粧水・・・なんです。(なのでリプロスキンの後に化粧水をもう一つ使うのが理想。ここは安いものでもOK)

 

リプロスキンには『ホメオシールド』という成分が含まれているんですが、これはアルカリ性の性質を持っています。肌は弱酸性に保たれていますが、ホメオシールドの効果で一時的に肌のバリア機能を弱める事ができるんですね。そうすることで肌の奥まで美容成分や保湿成分をしっかり届けられるようになるんです。

あくまでバリア機能を弱めるのは一時的に、です。すぐに肌自身が活性化して弱酸性に戻るので、バリア機能がなくなるワケではありません。

実際にリプロスキンを使った後に化粧水を乗せてみると『あれ?普段と違って化粧水がスッと馴染む・・・』って分かります。これまで化粧水って全然浸透してなかったのかも!?って感じました。

 

肌の奥の真皮層にしっかり美容成分、保湿成分が届けられればみかんのような凸凹お肌も徐々に改善していきます。その真皮層にしっかり届かせるための導入型柔軟化粧水がリプロスキンです。

 

↓ニキビ跡の肌を健やかに↓

リプロスキン

 

120日間の全額返金保証あり!

リプロスキンは通常7500円と非常に高額。定期コースにしても1本4700円程度と化粧水ではかなり高額です。もしも効果がなかったら・・・と思うと怖いですよね。

 

でもリプロスキンには全額返金保証が付いています。それも120日間!(120日間の全額返金保証ってそれだけ自信があるってことです)4ヶ月間しっかり使っても効果に納得出来ない!という場合は、4ヶ月分の代金が全て返金されます。

 

ニキビ跡に悩んでいて他の商品を色々試してみるくらいなら・・・一度リプロスキンを試してみてください。1ヶ月程様子を見れば違いが実感できますよ。

 

ここをもっと推す。治療だといくらぐらいかかるのか?

 

↓ニキビ跡の肌を健やかに↓

リプロスキン

ページ概要

ニキビ跡が原因の場合、肌の真皮層までダメージがあると自宅で治すのは難しくなる。ただし、凸凹部分の全てが真皮層にまでダメージがあるワケではないはずだから、自宅である程度は改善できる。ニキビが同時に出ている場合はまずはニキビ肌の改善から。ニキビ跡だけでニキビは出てこない場合、オススメはリプロスキン。リプロスキンはニキビ跡ケア専用の導入型柔軟化粧水です。リプロスキンを使った後に化粧水をさらに使うことで、化粧水がより浸透しやすい形になる。リプロスキン+化粧水のセット使いが基本。60日間の返金保証もあり。ニキビができる、ニキビ跡が残っている場合、しっかりと保湿できず乾燥肌になっている人も多いです。リプロスキンは化粧水の浸透力を上げるためのものだから、お肌の奥まで化粧水がしっかり浸透。だからしっかり保湿ができるというわけです。