みかん肌の治し方!基本は洗顔から

みかん肌の治し方

毛穴が目立つ、肌の表面には凹凸、手触りはざらざら・・・。思春期のころにニキビを間違った方法でつぶしたなどが原因で、大人になってから悩む人も多く、コンプレックスになっている人も。みかん肌、どうにかしたいですよね。正しいみかん肌の治し方、ご紹介します。

 

まずは、毛穴の大掃除

みかん肌の一つの原因は、毛穴に皮脂や化粧品の汚れ、古い角質がたまっていることで起こります。毛穴が開いて目立ってしまっている状態です。汚れで毛穴が白く見えたり、また、その皮脂汚れが酸化して、黒くなってしまっていたりと、見え方は様々です。したがって、この毛穴の汚れを取らないことには、何をやっても、根本的な改善にはなっていません。

 

毛穴の汚れを取るのに最適なのは洗顔です。ただし、『正しい洗顔方法であれば』という条件付き。

 

毛穴の開きが原因のみかん肌対策にはこちら。
毛穴の開きが原因のみかん肌対策

 

毛穴パックについて:ワンポイントアドバイス

毛穴パックが以前流行りましたよね。確かにパックしたときには、ごっそり毛穴の汚れが取れ、満足感を得られます。スッキリ気持ちいい♪なんて実はコレ、毛穴を無理にひっぱって開かせてしまうため、汚れが取れた後も毛穴が開きっぱなしになってしまい、後悔する人が後を絶ちません。毛穴パックではなく、洗顔で毛穴の汚れを取りましょう。

 

正しい洗顔方法のポイントは大きく二つ。たっぷりの泡で洗うこと。そして、ぬるま湯で洗うこと。指でいくらごしごしやっても、肌を傷つけるだけで、決して、毛穴の汚れが取れるわけではありません。泡の方がきめ細かく、小さな毛穴の中まで届きます。たっぷりでへたらない濃厚な泡で洗うようにしましょう。また、湯船などの高温のお湯で洗うと、肌を乾燥させてしまいますし、必要な皮脂までも奪ってしまいます。体温よりも少し温度の低いぬるま湯(35度前後)を使って、洗うようにしましょう。

 

その他の正しい洗顔ポイントについてはこちらを参考に。
⇒みかん肌を治すための正しい洗顔方法

 

ニキビ跡は美容皮膚科で治すのもいいけれど・・・

みかん肌のもう一つの原因がニキビ跡です。思春期の頃に、誤ってニキビをつぶしちゃった場合に、凹凸や陥没状態のニキビ跡となって残ります。

 

これは、自分で治すのは困難と言われていて、美容皮膚科で、レーザー治療を受けたり、ケミカルピーリングなど、本格的な治療を受けることが勧められる場合もあります。どちらも、レーザーや薬剤で肌の表面を少し傷つけ、皮膚が再生される働きを利用して、凹凸をなくそうというものですが、一時的には肌を傷つける形になります。

 

なので、

  • 治したい場所に炎症が出ている(赤くなっている)
  • もともと肌が弱い

といった人にはおすすめできません。一時的に肌のバリア機能を壊してしまうことになるので、肌トラブルを招きやすいんですね。(効果がないだけならまだしも最悪肌トラブルを招いて悪化する可能性も・・・)

 

そして、何より、こうした治療は、保険が利かない自由診療に入るため、治療費が高額になってしまい、経済的な負担も大きくなります

 

条件があえば、即効性や確実性があっておすすめできる場合もありますが、レーザー治療やケミカルピーリングはハイリスクハイリターンなので注意が必要です。

 

ターンオーバー正常化を目指すために

ニキビ跡が原因の場合は、先に説明したように外科的治療によって肌の再生を狙う方法も選択できます。が、長い目でみれば、人間が本来持つ、自然な肌の再生能力を高めた方が、安全で確実と言えます。

 

時間がどうしてもかかるのがネックですが、それは外科治療でも一緒ですしね。(1回治療しただけで治るなんてことはありません。1回で効果が出た!というものはあくまでその時だけの効果で、すぐ治る!なんてことはないので注意)

正しいターンオーバーは月経と同じ28日周期と言われています。(ただし20歳前後の場合。加齢によってサイクルは遅くなります)肌状態がよくない人は、大抵、サイクルが45日、60日と長い場合が多く、古い角質がどんどん溜まってしまっている状態になってるんですね。

 

ただニキビ跡が残っている場合、そもそも肌質が硬くなってしまっていて、普通の洗顔石鹸では効果がない場合が多いです。なのでまずは肌質を柔らかくするのが先決。

 

肌質を柔らかくするためにどうすればいいのか?はこちらにまとめているので参考にどうぞ。

 

ニキビ跡が原因の場合のみかん肌対策はこちら。
ニキビ跡が原因のみかん肌対策

 

理想的なターンオーバーを回復させるためには、水分量と皮脂量のバランスの取れた肌にしていくことが必要です。どちらかが足りないだけで、肌再生のサイクルが長くなってしまい、古い角質が積もるばかり。まずは洗顔で古い角質を取り去り、化粧水で肌の外側からたっぷりの水分を与えること。また、経口でもたくさんの水分取って、体の内側からも水分補給する必要があります。

 

皮脂は、正しい洗顔で余分な皮脂を取らないようにすること、クリームを使って保湿すること。この基本的で丁寧で当たり前の日常ケアが肌の新陳代謝、ターンオーバーを促進します。ターンオーバーが正常化すれば、放っておいても、自然と新しい肌が生まれてくるものです。

食事と睡眠ももちろん大切

油分の多い食事は、皮脂の分泌が過剰になり毛穴を開かせ、余分な皮脂を出そうとします。それが毛穴の汚れの原因となりますから、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。また、深い睡眠が成長ホルモンの分泌を促し、肌再生につながります。何事も基本が大切ということです。

ページ概要

みかん肌を治すために最も重要なポイントはまずは自分がどちらのタイプのみかん肌なのかを知ることです。一つ目の原因は毛穴が開いてしまっている場合。この場合は毛穴の奥に古い角質や汚れが溜まっていて、普段の洗顔で落とせていないのが原因です。もう一つはニキビ跡が原因のみかん肌。ニキビ跡が原因の場合、お肌のターンオーバーを意識することがカギになってきます。お肌は本来再生力を持っているので、ターンオーバーのサイクルを正常にすれば徐々に改善されていきます。この時に注意しておきたいのは普段使っている化粧水や化粧品等。知らず知らずの内にお肌に負担をかけている場合もあるのです。ただ全く化粧をしないというのは難しいと思うので、なるべくお肌に負担をかけないようにメイクは必要最低限のポイントメイクにするといいでしょう。ニキビ跡の場合自宅で改善するというのは中々難しくなります。レーザー治療やピーリングという手段はありますが、皮膚科を受信するのが確実です。トレチノイン(ビタミンA誘導体。ただし劇薬なので使用には注意が必要)を処方してもらうのが確実でしょう。エステではなく皮膚科。エステサロンの人は専門的な知識に乏しい人も多いです。
ちなみにニキビとニキビ跡を同時に治そうとするのはやめて下さい。それぞれ対処方法が違ってくるので、どちらも同時に治そうとすると悪化しやすいです。まずニキビが今も出てくるようであればニキビになりにくい肌を目指しましょう。で、ニキビはもうできない!というのであればニキビ跡専用の洗顔石鹸を使うのがおすすめです
汗をかく、運動するのも大切なポイントかなと個人的に思う。毛穴の奥の汚れが汗と一緒に落とせるし。クーラーの聞いた部屋で過ごしていませんか?しっかり汗をかくのも大事ですよ。運動が苦手なら半身浴を試してみるといいでしょう。
何万円もする化粧品セットを買うよりも、ちょっと高くてもいい洗顔石鹸一つに絞った方が結果的にお肌にも財布にも優しいですよ。
ちなみに毛穴の開きを改善するには時間がかかる。ちょっと使って治らない!と他の方法を試すのではなく、じっくり3ヶ月近くかけて効果を見るようにして下さい。